FC2ブログ

②RED WING ブーツの丸洗い その2 #1907 ラフ&タフ ヌバックレザー

サフィールとレッドウィング純正クリーム

 引き続きレッドウィング ブーツの丸洗い その2です。
 
 その1ではブーツの丸洗いから乾燥までを行いました。

 前回の記事はコチラ→RED WING ブーツの丸洗い その1

 今回は丸洗いによりオイルが抜けてしまったブーツを甦らせる為、乳化性クリームを使ったオイル補給を行います。
 

 それでは早速始めましょう。

IMG_3148.jpeg丸洗いの実施により銀面がスッカスカになってしまい、とても寂しそうな表情の#1907レガシーモック...

 ちょいとやり過ぎた感が半端ないのですが、オイルを入れて見事に復活?させたいと思います(;・`д・́)…ゴクリ

 
IMG_3150.jpeg今回使用するオイルはこちらです。



 主成分は動物性のニーツフットオイルと植物性のホホバオイルの天然成分のみで、革にとっても優しいクリームなのですが、少々お値段が張るのでお財布には優しくないクリームですw

 今回はブーツをカッサカサにしてしまったので、ゴメンなさいの意味も込めて、ちょい高めのクリームを使わせて頂きます( ^ω^ )ブーツチャンユルシテネ

 サフィールノワール・オイルドレザークリームは、革に必要な油分を補い、ワックス不使用なので革の表情そのままに栄養分を与えてくれるのでヌバックレザーにも最適です。



 さぁオイルを注入しましょう♪

IMG_3156.jpegクリームを適量取り素手で塗っていきます♪

 ブラシやウエスを使うよりも素手で塗る方が体温で適度に柔らかくなって塗布しやすいです。

 このクリームだと人間の肌にも潤いを与えてくれそうですw


 しかしスッカスカブーツにクリームを塗れば塗るほど、どんどんと吸い込んでいきます(; ' ∀ ' )

 そんなに吸い込んじゃうと、おじさんは困ってしまうんですがねぇ〜と呟きながら、せっせと塗布していきますw


IMG_3159.jpegコバ部分にも、しっかりと塗っておきます。




IMG_3164.jpegコバ部分はクリームが入りにくいので、コバブラシなんかを使うと隙間の奥まで浸透し塗りやすいです。



IMG_3157.jpegひび割れの入りやすいパイピングの内側も忘れずに塗っておきます。


IMG_3167.jpegシューレースも革製なのでクリームを塗ります。

 う〜ん塗りにくい💦




 再びブーツのアッパー部分をせっせと上塗りします。

 ブーツ片側が一通り塗り終わったので、左右で確認してみましょう♪




IMG_3160.jpegおー!ええ感じではないかぁ!

 丸洗いにより、綺麗さっぱりに汚れが落ちた銀面にオイルが加わり、経年変化によるシワと深い味わいはそのままにリフレッシュされた印象です。



IMG_3163.jpegもう片方もクリームを塗布し、ここから仕上げに入ります。



IMG_3171.jpeg毛並みが硬めの豚毛ブラシまたは化繊ブラシで全体をオリャーっと磨いていきます。

 しかしこの復活した表情をみていると、嬉しさのあまりいつも以上にブラッシングに熱が入りますw


 そしてシューレースを通して完了です♪

 それでは丸洗い前と丸洗い後を比較してみましょう。


↓こちらが丸洗い前のブーツ。
IMG_2980_20240114080155068.jpeg
↓こちらが丸洗い後のブーツ。
IMG_3173.jpegいや〜めちゃ綺麗になりましたぁ( ゚∀゚)ウヒョー!!

 黒ずんだ汚れが綺麗に落ちているのが分かります。


IMG_3177.jpegサイドもばっちりです👍

 やはりマットな質感はワイルドな印象でカッコいいですね。


IMG_3184.jpegソールもほぼ真っ白になりました。

 重曹パワー恐るべし(^O^♪


IMG_3189.jpegサフィールノワール・オイルドレザークリームはマットな質感に仕上げるには、もってこいのクリームですね。



 これはこれで良いのですが、もう少しだけ自然なツヤ感が欲しいので、コチラのクリームを使ってみます。

 サフィールと同様にニートフットオイル配合の乳化性クリームですが、サフィールは動物性と植物性のオイルが配合されているのに対し、レッドウィング・ニーツフットオイル配合レザークリームは動物性オイルのみとなっています。


 先ほどと同じように、クリームを適量手に取り全体に塗布後、豚毛ブラシでオリャーっとブラッシングします。



 ↓そしてコチラがレッドウィング・レザークリームで磨いた1903です。
IMG_3251_20240114100528e1b.jpegサフィールよりも、動物性オンリーのレッドウィング・レザークリームの方が若干ツヤが出ますね。

 マットな質感も保っています👍


 これはこれで良いのですが、もっと輝きが欲しくなってきましたw ( ^ω^ )マダヤンノカイナ
 

 


IMG_3416.jpeg今回、ニューアイテムとしてコイツを購入してみました。


 ビーズワックス、カルバナワックス、スイートアーモンドオイルの天然原料を高濃度に配合した乳化性クリーム。

 ツヤ出し効果、そして高い保湿力と栄養価により革の劣化を防ぎ柔軟性も高めてくれます。

 このスペックでサフィールノワールシリーズの半額くらいなのも嬉しいところですが、果たしてその実力は如何に...




 ↓同様の手順で磨き上げたのがコチラです。
IMG_3421.jpegおー このテカリ具合✨これも良いですねぇ!

 ワイルドな風貌に上品さが加わりました😎

IMG_4935.jpegエレガントな印象になったので革紐から付属のタスランレースに交換してみました♪




 

#1907 ラフ&タフ ヌバックレザー サフィールビーズワックス今回は3種類のクリームを使って順に仕上げてみたので、ぜひ自分好みのクリームをチョイスして革の表情を楽しんでくださいね♪
 

◯まとめ
 ブーツの丸洗いに初めてチャレンジしてみた今回。当初は、本当に革靴なんて洗っても大丈夫なのか?と半信半疑だったのですが、大満足な結果となりました。
 丸洗い後はオイルが抜け落ち少々心配だったのですが、クリームを塗布後は生まれ変わったように見事に復活しました。
 今回のブーツ丸洗いにより、洗う楽しさも知ってしまい、次回はもっと汚れたブーツを購入して、再度丸洗いにチャレンジしてみたくなりましたw

 今回の記事を通して、中古ブーツの購入を検討されている方、所有しているブーツの汚れが酷く困っている方の参考になればと思います。
 尚、中にはデリケートな革製品も存在するのでご注意くださいね。


最後まで読んで頂き、ありがとうございました!<(_ _)>

 ☆この記事を気に入って頂ければ、下の”にほんブログ村”の方にポチっとしてもらえると、嬉しさのあまりブラッシングにも熱が入りますw
blogmura_pvcount
スポンサーサイト



スポンサーリンク

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

お買い物はこちらから😉

ブログ村

ポチっと投票お願いします

プロフィール

ぴーきち

Author:ぴーきち
リターンライダーのぴーきちです。
再度バイクに乗る事により改めてバイクの素晴らしさを痛感する日々。
近畿エリアを中心にバイクで各地の景勝地、絶景、お勧めスポットを紹介していきます。
バイクの素晴らしさを少しでも皆様にお伝えできればと思います。
ツーリングを中心にカスタムや時々グルメも紹介させていただきます。
週末に更新していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

このブログの訪問者

人気ブログランキング

日本ブログ村ツーリング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR