ハーレー レバー交換 キジマ製スリムレバー

 今回は次回出石ツーリングに備えキジマ製スリムレバーに交換し

ツーリング時の負担を軽減したいと思います(^-^)/

スポンサーリンク


 今回交換するのはこちらの商品です。


キジマ製スリムレバー 
ハーレー クラッチブレーキレバー交換 キジマスリムレバー アマゾン 8,601円  (参考価格10,368円)

名前のごとく純正レバーよりもスリム設計されており、

グリップ時の負担を軽減することができる代物です。



 アクセル側交換 


 ウィンカーが付いているのでミラーから外していきます。


ハーレー クラッチブレーキレバー交換 キジマスリムレバー


 次にマスターシリンダーのクランプボルトを

外します。がっ

 なんか以前よりブレーキオイル漏れてない!?


ハーレー クラッチブレーキレバー交換 ブレーキオイル漏れ

 これは何か他の根本的な原因があるのでは⁇(;・∀・)


ん~とにかく続けますo(o・`з・´o)ノ



ハーレー クラッチブレーキレバー交換 キジマスリムレバー

↑やって分かったのですが、多分クランプボルトは外さなくても
交換出来ます(;'∀')

何を思ったのか外してしまいましたww(バカです)


 次にレバーを固定しているピンを外していきます。

裏側にスナップリングで留められているので、

スナップリングプライヤーで外します。


ハーレー クラッチブレーキレバー交換 キジマスリムレバー  ハーレー クラッチブレーキレバー交換 キジマスリムレバー 
 細かいので無くさないように注意です 。
スナップリングを外すとピンが抜けます↓
 
 比較してみました。
上がキジマさんのスリムレバーです。
  
 細さはもちろんカーブも若干違いますね~ 
楽しみです取り付けていきます。

ピンとスナップリングはキジマの
スリムレバー
付属のものを使用します。

ピンは少し入りにくかったのでプラハンで軽く叩くと〝スコンッ〝 
と入りました👍 スナップリングをはめスロットル側完了です✨
 クラッチ側交換 
 
クラッチ側も同様にミラーを外しピンを抜いて
いきます。









 次にクラッチケーブル外していきます。ケーブルのゴムの蛇腹カバーを
ずらすと調整ナットが
出てきます。
 クラッチケーブルのワイヤーを緩める前にノギス等で調整幅を
測っておくと交換後は多少の調整だけですみますね👍
  ワイヤーを緩めます。

  幅の狭いロック用ナットを上いっぱいまで緩めます。
そして下側の細長いナットを上に緩めていくとワイヤーが緩みます。
細長いナットも上いっぱいまで緩めておきます。  
 そうするとワイヤーがクランプから外れます👍  
 ワイヤーとレバーをつないでいるピンを外します。
 
 
 レバーの裏側に板バネが付いています。
 マイナスドライバーで外しキジマスリムレバーに 
ワイヤーとワイヤーピンそしてこの板バネを取り付けます。

 クラッチケーブルワイヤーを復旧し、アクセル側と同様にピンを 
差し込みスナップリングをはめます。
 レバーとクラッチワイヤーの箇所(ピンでジョイントしてる所)
は グリスを塗っておきます。 ミラーも復旧して完成です😁

 クロームになった分多少見た目は変わったでしょうか?🤔 

ランチがてらに試乗インプレッションです🏍


 握った感じはかなり握りやすくなりました‼️
硬さは当然変わりませんが、
クラッチ操作の負担軽減策と
しては値打ちがあるのではないでしょうか😁 
 簡単に出来るおススメ出来るカスタムです✨👍✨  
しかしブレーキに違和感が⁉️何かカチカチ当たる
とゆうか❓
しかも最初に述べたマスターシリンダーの
オイル漏れ💦🙀
も気になる🥴
約20年ぶりに東大阪のUK CAFEにランチに来たので 
近くにカスタムショップは無いかと調べると、Vファクトリーさんが
近くにあるので見てもらう
事にしました。  

、 まずブレーキのカチカチ当たる原因はこいつでした😬

少し見えにくいですがクロームハウジングカバーのボルトです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ 
純正のボルト位置は内側では無く外側の上に付いているのですが、 
ネオファクトリーさんのクロームハウジングカバーはクロームの 
外観を壊さない為に画像のように内側にボルトが付いています🧐 
Vファクトリーさんに少しレバーの干渉部分をベルトサンダーで
 削ってもらい問題解決です🤩
もしネオファクトリーさんの
ハウジングカバーとキジマさん
のスリムレバーを併用する際は注意が必要です💦 
 そしてマスターシリンダーのオイル漏れですがこれは構造上 
漏れるそうです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾  
私の場合はハンドル交換時にマスターシリンダーを逆さまに
してしまい
ガスケットの裏側にオイルがまわりジワジワと
漏れていました。
 対策として社外品のマスターシリンダーカバーを
加工してもらい
社外品のガスケットに交換する事で
漏れを最小限に留める事が出来る
そうなので迷わず
加工してもらいました😊

 ちなみにカバーはローランドサンズのものです✨ 
コレ付けて分かったのですがメチャクチャカッコいいです🤩 
「そりゃ売れるわ」と思いました(笑)
 今回Vファクトリーさんに
不具合を見てもらいましたが、
社長の呑海さんが気さくな方で
非常に親切で丁寧に説明して
いただいて本当にありがとうございました。
流石はプロの
仕事だなと感心しました。 
また不具合があればお願いしたいと思いますm(_ _)m





























 







スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

ブログ村

ポチっと投票お願いします

プロフィール

ぴーきち

Author:ぴーきち
約20年ぶりにハーレー復活。まぁいわゆるリターンライダーですw。08スポスタから2012ダイナスーパーグライドに2019年4月に乗り換え、ツーリング、カスタム、整備の情報を中心に紹介させて頂きます。
インスタグラム始めました→fxdc2012ryu

スポンサーリンク

このブログの訪問者

人気ブログランキング

日本ブログ村ツーリング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR