ハーレー ダイナ ハンドル交換 その2 クロームハウジングカバー交換

クロームハウジングカバー交換


 梅雨☔の為全くダイナに乗れず、いじれずが続き梅雨の晴れ間を
ねらい、とりあえずサクッとカスタムできるハウジングカバーを
交換します。
879.jpg

スポンサーリンク

 以前スポスタ君の時に何度か交換してますので楽勝と
思います✌(笑)

 左、スロットル側から交換していきます。
トルクスレンチでカバーを外します。
1013.jpg
グリップと連結しているスロットルワイヤーを外していきます。
スロットルワイヤーの調整部分のゴムカバーをずらすと
調整ナットが出てきます。↓
1014.jpg

 短いナット(ロック用)をいっぱいまで緩め、細長いナット(調整用)
もいっぱいまで緩めます。
1015.jpg
 
 ナットを緩めるとスロットルワイヤーが緩みますのでグリップから
ワイヤーが外せます。
1017.jpg
 この時注意してほしいのがワイヤーとグリップを
固定しているタイコ(金色の小さい金具)です。
1016.jpg

油断すると落として紛失する可能性大です(;゜0゜)

慎重に作業です( ̄^ ̄)ゞ

 そして2本ともグリップからワイヤーをはずし

カバーからワイヤー本体を引き抜きます(゚д゚)
あれ?引き抜き・・・ あれ?抜けない(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
なんで‼︎
 とよく見ると”馬のてい鉄”のようなピンが入ってるではないか‼︎
1019.jpg
 このピンはどうやって外すの⁉︎嫌がらせか⁉︎ (笑)
と蒸し暑さと蚊の襲撃に耐えながら悪戦苦闘すること
30分‼︎マイナスドライバーと先の尖った工具でなんとか強引に
外してやりました(*`へ´*)
1020.jpg
 こいつはぴーきち的には必要ないので廃棄ですo(`ω´ )o
なくてもワイヤー張ると落ちないので大丈夫です!と思います(笑)
(次また交換するときめんどくさいしw)

 クロームのカバーと入れ替えます。
1022.jpg
 
 今度は逆にスロットルワイヤーを張る為細長いナットを締めていきます。
遊びを調整し短いナットで固定します。
1015.jpg
 
 次は反対側です。
こちらはスロットルワイヤーがないので問題ありませんv(o゚∀゚o)v
1031.jpg
 単純に外して付けるだけです(笑)拍子抜けです(笑)
1032.jpg
 

 ビフォー

1010.jpg1008.jpg

 アフター

1034.jpg1035.jpg

 ビフォー

865.jpg

 アフター

1033.jpg
 クロームのカバーとスイッチのブラックのコントラストが
メリハリがつき締まった感じになったと思います\(^o^)/
交換予定のドラッグバーにするともっと映えるはずです(笑)
次回交換しますのでよろしくお願いします<(_ _)>

 交換なんて楽勝✨と思ってましたがまさかのワイヤー
固定ピンにより大苦戦でした(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)
手間のかかるのはアクセル側でクラッチ側は問題ないですよ👍
クローム好きにはおススメのカスタムパーツです(*^_^*)

スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

ブログ村

ポチっと投票お願いします

プロフィール

ぴーきち

Author:ぴーきち
約20年ぶりにハーレー復活。まぁいわゆるリターンライダーですw。08スポスタから2012ダイナスーパーグライドに2019年4月に乗り換え、ツーリング、カスタム、整備の情報を中心に紹介させて頂きます。
インスタグラム始めました→fxdc2012ryu

スポンサーリンク

このブログの訪問者

人気ブログランキング

日本ブログ村ツーリング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR