FC2ブログ

②鶏づくしキャンプツーリングその2 くつわ池自然公園 旨味濃厚"京かしわ"を使ったキャンプ料理

絶品京かしわの水炊きと焼き鳥
それでは前回に引き続き、鶏づくしキャンプツーリングの、その2となります。
今回は、京かしわ(純国産鶏)を使った料理を作っていきます。

2020年2月20日

スポンサーリンク



 それでは早速料理の準備に取り掛かります!

 まずは鳥肉を...

シマゴン:待ちんしゃい!

ぴーきち:何 何ぃ!びっくりするやん! 

シマゴン:今回のニューアイテムを見んしゃいよ!

ぴーきち:おぉ~ マジか!見せなしゃい!見せなしゃい!



20210413135157835.jpegシマゴン:こいつがブッシュクラフトのフライパンだぞぉ

ぴーきち:お、おぉ~ フライパンね しかし柄が無いではないか...

シマゴン:柄は現地調達で、木を削って装着するのだよ。フフッ

ぴーきち:マジか⁉ホンマにブッシュマン?みたいやなw っていうかこの辺に木なんか落ちて無いぞっ

シマゴン:それを探しに行くのだよ。さ、行きますぞ!

ぴーきち:え⁉アカン アカン!俺は鳥の準備があるから

シマゴン:来んしゃい!

 
 という訳で、忙しいというのになぜかシマゴンのフライパンの"柄"を探す為、辺りを散策します(;'∀')

 
S__45932573.jpgキャンプサイトの向かいには、くつわ池があり、釣り堀になっています。数人の方が、のんびりと釣りを楽しまれていました。
 
 キャンプ場の周辺は、木々に囲まれているのでフライパンの柄はありそうですね。

 くつわ池から少し行った所に、沢山の伐採された木の枝がありました!


S__45932663_20210413203031064.jpgそれを見たシマゴンは”う〜れしぃなぁ♪”と、言わんばかりに一気に崖を下って行きます🤣

 しかし、この伐採された枝の量を見ると、薪を購入しなくても良かったのでは⁉︎と、思ったのですが、手間を考えると微妙なところですね(;・∀・)

S__45932665_20210413203035674.jpg 枝を数本持って、何やら嬉しそうに戻ってきましたよ(;'∀')



S__45932581.jpg拾ってきた枝を、ノコギリで適当な大きさに切り、先をナイフで削ります。



S__45932582.jpgブッシュクラフトのフライパンに、削った枝の先をグググっと差し込み、付属のネジで留めれば完成です。
 ムムムっ!これはこれでサバイバル感があって楽しいですね♪ フライパンの柄は結構かさばるので、キャンプツーリングには良いかもしれませんね😉 
 

 ではでは、やっと本題に入ります! 料理です( ̄^ ̄)ゞ 

 まずは、水炊きの準備から入ります。

 水炊きのスープは、鶏ガラから取りたいと思います。


7E03D8AF-9F4C-4130-93A4-D85400FB021A.jpegまずは、前回紹介したキャンプ場近くの『ふるさとたまご村直売所』で購入した、京かしわの鶏ガラを水で洗います。内臓や血合いで汚れているので、しっかりと洗い流します。


20210415102004f5f.jpeg白ネギの不要な緑の部分と、生姜のスライス2枚程を鶏ガラの臭みを和らげる為に用意します。人参のヘタも出たので、勿体ないので出汁要員で入れちゃいましょう。



202104151019573f5.jpeg大きな鍋に水をはり、鶏ガラ2つと、先程のネギの頭、生姜、ニンジンのヘタを鍋に投入します。



20210415101955c6c.jpeg鍋を火にかけ、中火で3時間程じっくりと炊いていきます。強火で一気にボコボコ炊くと、雑味が出るようなので注意します。
 
 シマゴンがスマホゲーム及びマッチングアプリに興じているので、『よっ!アク取り名人!』と、おだてつつアク取りをお願いすると、ニヤッと笑い引き受けてくれました(笑)
 
 それでは名人にスープを任せて、焼き鳥の準備に取り掛かります。

 "焼き鳥のぴーきち”と異名を取る私としては、やはり焼き鳥は欠かせません!

20210415101958724.jpeg『鳥よ♩鳥よ♪鳥たちよぉ〜♪』と口ずさみながら、鳥もも肉の皮と身を別々にしていきます。前回鳥肉を捌いた時に、脂で手がベタベタになったので、今回は手術に使うような薄手のゴム手袋を用意しました👍



C0FB4155-C289-4D20-8A28-4FEA3D82C90F.jpeg次に『切り刻んでやるぜぇ〜』と心の中で呟きつつ、食べ易い大きさにカットします。


07737670-0003-402F-AB78-A31E715D35AD.jpegそして最後は『串刺しにしてやるぜぇ』と呟き、串を打っていきます。 身が締まっているので、串が刺しづらく中々大変な作業でした(;'∀')

 これで焼き鳥の準備は完成です♪


鶏ガラスープに戻ります。
20210415101959ace.jpeg3時間程炊いた鶏ガラスープに、生の米をひとつまみ入れます。
 米を入れる事により、鳥肉の臭みを緩和し、スープにかすかなとろみが付きコクが出ます。そしてとろみをおびた美味しいスープが鳥肉に絡まるのです!(* ´ ▽ ` *)

 案の定シマゴンが「締めにはまだ早いやろ!」とツッコんできたのですが、めんどくさいので華麗にスルーします(゜゜)~


 20210415102001f9c.jpegお米を入れ、さらに1時間程炊いていきます。スープが減っているので、お水も少し足しておきましょう。


4C6FF681-88E3-4459-87BC-C1E47E1B43B2.jpegのんびりと音楽でも聴きながら待つことにします。キャンプのこういう時間が、また良いんですよね(* ´ ▽ ` *)



S__45932659.jpg今回のぴーきちの新しい相棒は、バックナイフのバックスペシャル119です。写真がちょっと悪趣味ですね(;・∀・)
 アウトドアナイフとしては少々大ぶりですが、使いやすく頑丈な造りなので幅広い用途で使えそうです。
 とりあえず今回は、野菜を切ったり、ビニール袋を切ったりしました🤣




 キャンプ場に到着してから、わたくしの脳が「ビールをいつ飲むのだ!早く飲め!」と、ずぅ~っと指令を出してきます(;'∀')
S__45932590.jpgここはもうガマン出来ん!という事で、キッチンドランカーと化し前倒しで乾杯です。




1時間が経過し、そろそろスープも良い頃です。
70E913CD-4950-4B07-8721-8C2FBBDF619C.jpeg違う鍋にザルを置き、スープを濾していきます。


202104161606290ee.jpeg旨味たっぷり極上スープ⁉の完成です🤤

 せっかくなので鳥スープを作りましょうヽ(≧∀≦)ノ

 鳥スープと言っても、塩少々、おろし生姜少々、そしてネギをパラパラっとまぶしただけのシンプルなモノです。

20210416160628ebb.jpeg「スープが出来たわよぉ〜」と、ハウスのCM風にシマゴンを呼び、鳥スープの完成です✨

 両手を合わし「いただきま~す」と、スープを実食です!

 おお〜、こ、これは凄いスープです! 最初の口当たりは軽いのですが、後から濃厚極まりない旨味が凝縮されたスープが、ブルドーザーのように押し寄せてきます!
 
 通常の若鳥(ブロイラー)の鶏ガラとは、比べ物にならないくらいのコクのある美味しさです! 

 シマゴンは、スープをすすり、目を閉じて「鳥よ 鳥よ 鳥のぉ〜歌ぁ〜♫」と口ずさみ、やや震えているように見えました(謎w)

 これは、この後に控える水炊きも相当期待できそうです!

 しかし、1個100円の京かしわの鶏ガラで、ここまで美味い鳥スープが出来るとは.....
 少し手間はかかりますが、その価値は十分にあります!


3831B1D7-2D83-4079-8A1F-5FC7FF81FC8A.jpegぶつ切りにした、骨付きのモモ肉と白ネギ、白菜、ニンジンを鍋に投入します。

 その間に、京かしわの焼き鳥を炭で焼いていきます。

181AA9CD-0452-47DE-8C5E-74A18787E8EC.jpegしかし、この京かしわは、脂が凄いです!脂が炭に滴り落ち、鳥の香ばしい匂いが辺り一面に広がります!
 
S__45932687.jpg最後に塩をふり、再度軽く焼き完成です!



AEA44C14-91C2-4D0C-81E8-B7D057CF7C0D.jpegそれでは実食です。

 こっ、これは、なんという旨さでしょうか!炭火により、鳥自身から出る脂でいぶされ、スモーク状となった鳥肉は、口の中に入れると何とも香ばしく芳醇な旨味が広がります!

 そして、京かしわは適度な弾力があり、噛めば噛むほどに濃厚な旨味がジュワジュワぁ~っと口一杯に広がります!

 しかし、この"京かしわ"の脂は強烈な美味さです。脂と言っても全くしつこさは無く、むしろ食欲が増強されます!



 
03428971-C13E-4B63-A53A-8175AC85BC7E.jpeg次は、皮も焼いていきます。
 やはり、先ほどよりも脂のしたたる量が半端なく「燻製かよ!」と言う位のモクモク状態です!
 
 煙で目が痛い! しかし、なんか嬉しい(笑)

完成です!
7BD9B177-1D13-4D7D-B122-D958565EDA1B.jpegうぉ~!こ、これは... なんだこれは... なんだチミ(君)は...  串に旨いモンが刺さった、美味い棒かね...君は...

 あまりの美味さに驚愕し、訳の分からん事を呟いてしまいました。

 スモーキーな鳥の香ばしさをはじめ、皮のコリコリとした食感、そして濃厚でジューシーな旨味...

 ギター、ベース、ドラムが混然一体となり、エネルギーが湧き出るのを止められない、骨太のロックや!

 そしてニワトリのような甲高いボーカル!


 よし!今回は久々に行きますわ!


 これは焼き鳥界のぉぉぉ!








シマゴン:ウェルカム トゥ ザ ジャングル!♬


すみません💦あまりの美味しさに取り乱してしまいました(;・∀・)



S__45932597.jpg「チキンが出来たわよぉ~」と、真横にいるシマゴンを呼びます(笑)



ではポン酢につけて、いただきましょう!
S__45932682.jpgお~!こ、これは!なんじゃぁぁぁぁ!


か、

硬い!

あまりの硬さに、口に持っていった肉を箸では引っ張り切れず、手で引きちぎりました!

皮は、まるでゴムのようです!🤣


煮過ぎたか⁉それとも厚く切りすぎたか⁉


 しかし、硬さはあるものの、美味しさは抜群です! 焼き鳥同様に噛めば旨味がほとばしり、濃厚スープと絡み合い旨味のダブルパンチです!

S__45932598.jpgそして、野菜たちも鳥の濃厚スープを十分に吸っており、これもまた美味です。


 シマゴンは "俺、硬いのなんて関係ないけんね"と言わんばかりに、強靭なあごで鳥をむしゃむしゃと食べています(;'∀')

 これは、シメの雑炊も楽しみですo(≧ω≦)o



 そして、急にシマゴンは"ハッ!"と思いだしたかのように「やい!ぴーきち!」と、私を呼びました!

ぴーきち:なんやねん!やぶからスティックに!(藪から棒)

シマゴン:大事な事を忘れてへんか⁉

ぴーきち:はてはて、わしは最近物忘れがひどいからのぉ~

シマゴン:わいのブッシュクラフトのフライパン!

ぴーきち:あ!あれ最高!

シマゴン:せっかく柄を付けたのに使ってないやん!枝まで拾ってきたのに!

ぴーきち:ワロタ でも鳥はもう無いでっ! 明日の"かしわ飯"に置いとかなアカンし。

シマゴン:ムムムムムぅ~ おのれぴーきちぃ~

ぴーきち:わかったわかった ほなウィンナー焼けよぉ 明日の朝ごはんのやつやけど... 

シマゴン:よしよし ニヒヒヒヒっ

ぴーきち:っていうかチミ(君)も忘れてたやん!

シマゴン:忘れてないし!



S__45932673.jpg いや~、網の上でフライパンを使って、ウィンナーを焼く意味あるんすかねぇ(;・∀・)

 これは、焚火で使うやつではないでしょうか⁉

 しかし、ここはシマゴンを刺激しない方が良いですね(;´・ω・)

ぴーきち:シマゴン!やっぱフライパンで焼いたら最高やわ!

シマゴン:そやろ! どう最高かお願いしやす!

ぴーきち:(し、しまった!刺激してもた!)...... フライパンで焼くと....コク...が出る...

シマゴン:そやろ! ..... え⁉ ...コク⁉



 まぁ、ウィンナーは網で焼こうが、フライパンで焼こうが、安定の美味さですね!



  はい!それでは締めに、残ったスープで雑炊を作ります。


 鍋に残ったスープは、朝食のかしわ飯の出汁にも使うので、少し残しておきます。



S__4593264311.jpgここで登場するのが『ふるさとたまご村』で販売していた、飼料から全てを国産にこだわった『穀産』というタマゴです。黄身の色が薄く、それでいて濃厚な味が特徴のようです。


 残ったスープに、ご飯を入れて煮詰めていきます。塩少々、醤油少々、『穀産』タマゴを入れてかき混ぜ、刻みネギを入れて完成です。
S__45932699.jpgお~美味そうです!


S__45932698.jpg確かに黄身の色が薄いので、白い雑炊ができましたよ。

 それでは、いただきましょう!

 これは、凄いです!何という事でしょうか⁉ 強烈な鳥のコクと旨味、それに呼応するかのように白菜、白ネギ、にんじんの甘みが加わり、そしてその旨味炸裂のスープを優しく包み込む『穀産』のタマゴ!

 本当に美味しいです。

 シマゴンは「おっかさん...」と呟き、震えています。

 しかし考えてもみれば、この鍋に使った食材、調味料なんかは全て国産ではないですか!


 そして、この純国産のかしわを絶える事なく、現在に残して下さった事に感謝です。


 今回の料理は美味しい"日本"をいただきましたぁ(* ´ ▽ ` *)

 あっ!ウィンナーは違いますね💦多分(;^_^A




S__45932706.jpgそして、食後の楽しみは恒例のウィスキータイムです🥃



S__45932703.jpgやっぱノラ・ジョーンズは良いなぁ~💗 キャンプの雰囲気にピッタリなんですよねぇ(*≧∪≦)

 
ぴーきち:ドン ノォー ワァーイ アイ ♬どーのこーのぉ♬

シマゴン:鳥よ♪鳥よ♪鳥たちよ💗 鳥のぉ~詩ぁ~♬

ぴーきち:ちょっとぉ!今、ノラで良い感じになってんねん!

シマゴン:いやいや、今回は杉田かおるやろ!鳥づくしやしな 鳥の詩ながして

ぴーきち:残念!アマゾンプライムに鳥の詩入ってないわ~

シマゴン:ほな、俺が歌うわ! 鳥よ♪鳥よ♪

ぴーきち:鳥のぉ~詩ぁ~♬ あっ、つられたわw


 
S__45932721.jpgさすがに真冬の2月...夜更けになると、かなり気温も下がりますね。しかし、焚火の炎が心地よく空気が澄んでいて気持ち良いです。

S__45932717.jpg


 今回はここまでとします


 次回は、残った鳥スープで作る"かしわ飯"と、和束町の石寺の茶畑にある"dan dan cafe"を紹介しますね。


☆まとめ

 今回は、キャンプ場近くの『ふるさとたまご村』で購入した、京かしわ(茶色の純国産鶏)を使った料理を作ったのですが、その味は予想を遥かに超える素晴らしいものでした。
 特に鶏ガラで取ったスープは、3~4時間煮込むだけでお店で食べるような美味しいスープが出来るので、超おススメです。
 京かしわは、弾力があるのであまり大きく切ると食べづらいのですが、味は抜群なので機会があればぜひ一度食べていただきたいです。

 最後まで読んで頂き、ありがとうございました!<(_ _)>


【2021年2月20日】

☆この記事を気に入って頂ければ”にほんブログ村”の方にポチっと投票よろしくお願いいたします。blogmura_pvcount
      ☆キャンプで使用したアイテム
      ●焚き火フライパン
柄は現地調達の持ち運びにとてもコンパクトなフライパン。カッコイイですよ(^^)/

      ●ロゴス回るんチェア
今回ぴーきちが使用した"ロゴス回るんチェア"。名前の通り360度回転し非常に快適でした。


●バックスペシャル119
今回料理等に使用したワイルドなシースナイフ。頑丈でタフなこのナイフはバトニングとしても使用できます。


blogmura_pvcount
    ☆旅で使用した機材
       ●単焦点レンズ
非常に明るいレンズで背景のボケもしっかり出て、優しくふんわりとした写真になりますよ。


●オリンパス ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkⅢ
ぴーきちの相棒OM-D E-M10 MarkⅢ。軽量コンパクトでツーリングには持ってこいです。コスパも良いので是非チェックしてみて下さい。



スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
鳥の詩懐かしいw
スープ、焼鳥、雑炊と美味しそうです。
歯応えがあったのは、若鶏ではなく親鳥だったのでしょうか?
キャンプで食べると最高でしょうね!

teruteru

2021/04/22 URL 編集返信

ぴーきち
Re: タイトルなし
こんばんは!
ブログ読んでいただき、ありがとうございます。
鳥の詩、ご存じでしたかw
鳥は全て親鳥です。
肉の旨味はさることながら、出汁が凄く出ますよ!
外で食べると、本当に美味しいですよね。

ぴーきち

2021/04/22 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ブログ村

ポチっと投票お願いします

お買い物はこちらから😉

プロフィール

ぴーきち

Author:ぴーきち
リターンライダーのぴーきちです。
再度バイクに乗る事により改めてバイクの素晴らしさを痛感する日々。
近畿エリアを中心にバイクで各地の景勝地、絶景、お勧めスポットを紹介していきます。
バイクの素晴らしさを少しでも皆様にお伝えできればと思います。
ツーリングを中心にカスタムや時々グルメも紹介させていただきます。
週末に更新していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

このブログの訪問者

人気ブログランキング

日本ブログ村ツーリング

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR